Tumultuous times: Riding Village Indian Motorcycle Tumultuous times | Indian® Motorcycles - JP -
TUMULTUOUS TIMES AND THE FIGHT FOR SURVIVAL

激動の時代と生き残りのための戦い

1953年-2010年

インディアンモーターサイクルが1953年にすべてのモデルの生産を停止したことで、同社の豊かな歴史の中で50年の休憩が始まりました。 ブランドの歴史のこの時代のいくつかの努力は、いくつかの異なる輸入バイクに商標の「インディアンモーターサイクル」の名前を見かけましたが、 所有権のいくつかの大きな変化に悩まされたこれらの激動の時代は、先駆者であるインディアンモーターサイクルのオリジナルによって築かれた成功の全体的な道からの分岐でもあります。 ブランドとして不安定な期間は、ポラリスインダストリーズが2011年にインディアンモーターサイクルカンパニーを買収したときについに終わりました。 これは、同社の初期の持続的な成長を彷彿とさせる新たな成功の時期を確実に導きました。

Indian riders and owners after winning a race

ブロックハウス時代

1950年、当時のインディアンモーターサイクルの社長ラルフ・B・ロジャースは辞任し、英国の実業家ジョン・ブロックハウスに代わりました。 1953年、インディアンモーターサイクル・マニュファクチャリングカンパニーは操業を停止し、すべてのモデルの生産を中止し、2年後にブロックハウス・エンジニアリングがブランド名を購入し、 インディアンモーターサイクルとしてのブランド化をされた輸入ロイヤルエンフィールドモーターサイクルの販売を開始しました。 1960年、ジョン・ブロックハウスは減少しつつあるインディアン事業を関連するオートバイ会社に売却し、ブランドはすぐに消滅しました。

業界のリーダーであるフロイド・クライマーは1963年にブランド名の権利を購入し、 1970年に弁護士が商標の所有権を取得するまで、「インディアンモーターサイクル」のバッジを付けて英国バイク・ブランドを変更しようとしました。 しかし売上高は急激に減少し、クライマーの弁護士の指示により1977年に再び操業を停止しました。

THE GILROY AND STELLICAN ERAS

ギルロイとステリカンの時代

インディアンモーターサイクルのブランド独占生産は1998年に再開されました。 9社の合併によりインディアン・モーターサイクル・カンパニーオブ・アメリカ(IMCA)が設立され、カリフォルニア州ギルロイに生産施設が開設されました。 IMCAは、2003年に破産する前に、チーフモデルやスカウトモデルなど、以前成功した初期モデルのいくつかのモディファイ・バージョンを作成しました。

IMCAの終了後、ロンドンを拠点とするプライベートエクイティファームのStellican Ltd.は、インディアンモーターサイクルの資産を購入し、 ノースカロライナ州キングスマウンテンにインディアンモーターサイクルカンパニーの製造施設を設立しました。 Stellicanが2011年にPolarisIndustriesにインディアンモーターサイクルを売却まで、ここでそれほど多くはないボリュームのバイクを生産していました。

Burt Munro getting ready for a race

バート・マンロー

1967年、68歳のニュージーランド出身のバートマンローは、ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで大幅にカスタムされた1920年のインディアン・スカウト・ストリームライナーでレースに出場し、 公式の陸上速度新記録(184.087 mph、非公式の最高速度205.67 mph)をたたき出し、オートバイレースの歴史にその名を残しました。

マンローは1940年代にニュージーランドでの多くの陸上速度記録を更新し始め、 1950年代までに彼のスカウトはニュージーランドのスピードコースで走行するには速すぎるものとなりました。 彼は新しい目標を立てました。それは、平らで広大なボンネビル・ソルトフラッツでレースをすることです。 何年にもわたって、マンローと彼のスカウトはボンネビルソルトフラッツで9回レースを行い、そのうち3回で世界新記録を樹立し、 1967年の最後の旅で記録的な最高速度記録を打ち立てました。バートマンローは2006年にAMA殿堂入りし、80年前に始まった最高速度追求への惜しみない賛辞を贈られたのでした。

フロイド・クライマー

1953年にインディアンモーターサイクルがすべての生産を停止したとき、アメリカのモーターサイクルの世界は、 業界で最も歴史的なブランドの1つが失われたことに愕然としました。 1963年、オートバイレーサー、ディーラー、ディストリビューター、 雑誌の発行者、レースプロモーター、著者、オートバイメーカーと様々な顔を持つフロイド・クライマーがインディアンモーターサイクルの商標の所有権を引き継ぎました。 廃止されたインディアンモーターサイクルブランドを復活させるための彼の闘いは、輸入されたロイヤルエンフィールドとベロセットバイクをインディアンモーターサイクルの名前でブランド化することも含んでいました。

1970年に悲劇が起こりました。フロイド・クライマーが心臓発作で亡くなったのでした。 彼は、1977年に操業が再開されるまでの間、主に台湾で生産され、インディアン・ブランド名を付けた小型バイクの販売を続けた弁護士のアラン・ニューマンにインディアンモーターサイクルの商標を継承していました。

歴史的時代

Riding Village インディアンモーターサイクル - 〒020-0771 - 滝沢市 - Japan